« ココ・ファーム・ワイナリー | トップページ | 犯罪から子供を守る!/SAFETY JAPAN 2005 [レポート]/日経BP社 »

先生の「心の病」、過去最多3559人(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:先生の「心の病」、過去最多3559人(読売新聞).

子ども達も大変ですが ・・・ 先生も大変です

長男 本当なら養護学校の高等部二年生ですが

この春 中退させました

学校の教育に期待していないからです

後2年 学校に通わせる意味が見出せない

  特別支援教育 ・・・ 専門性が必要ですが

  期待に応える先生は ・・・ 残念ながら 皆無です

勝手な保護者の言い分です

こんな保護者が増えて あれこれ 先生に要求したら

先生も堪らないでしょうネ

 ⇒ 要求しても 無い物強請り ですから

   中退させたンです (^^;

昨年度に精神性疾患で休職扱いとなった公立小中高校などの教員は前年度より365人増え、過去最多の3559人に上ったことが14日、文部科学省の調査で分かった。

 調査によると、全国の教員92万1600人のうち、病気休職者は過去最多の6308人(前年比291人増)。このうち56・4%がうつ病などの精神性疾患で、教員全体に占める割合は、10年前の約3倍にあたる0・39%に達した。

 原因について文科省が各都道府県教委などに問い合わせたところ、「分からない」という回答が多かったが、ベテラン教員が学級崩壊など最近の子どもの変化に対応できなかったり、若手が職場のコミュニケーションに苦労したりするケースが報告された。このほか「多忙化」を挙げたところもあった。

 文科省によると、教員の病気休職は他の地方公務員に比べ、0・1%程度高い傾向があるという。

 一方、昨年度に懲戒処分を受けた教員は前年度より133人少ない1226人で、4年ぶりに減少した。内訳は交通事故が585人(前年度比51人減)、体罰が143人(同30人減)、わいせつ行為が141人(同14人減)など。体罰は児童生徒に骨折や鼓膜損傷などのけがを負わせたケースも目立ち、20人が停職、66人が減給の処分を受けた。また、わいせつ行為では、全体の7割近い95人が免職になっている。

[読売新聞社:2005年12月14日 20時36分]

|

« ココ・ファーム・ワイナリー | トップページ | 犯罪から子供を守る!/SAFETY JAPAN 2005 [レポート]/日経BP社 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先生の「心の病」、過去最多3559人(読売新聞):

« ココ・ファーム・ワイナリー | トップページ | 犯罪から子供を守る!/SAFETY JAPAN 2005 [レポート]/日経BP社 »