« 怒 心身障害者扶養年金廃止の動き | トップページ | 中川幹事長講演:郵政造反組の復党検討していない »

多メディア時代でも「新聞は必要」92%…

リンク: @nifty:NEWS@nifty:多メディア時代でも「新聞は必要」92%…読売調査(読売新聞).

同感です ネットでニュースを読んでも

印象に残りません 紙面を読む 大事です

長い習慣です 毎日新聞を読む!

  今の世代、若者はどうなんでしょうか?

  新聞を読まないのかも しれませン

長女 大学生ですが ある先生 ・・・ 

  新聞の切り抜きをさせています

  私はその指導を評価!してますが

  裏返せば 新聞すら読まない学生への

  指導かもしれませン

 第59回新聞週間(15日~21日)を前に、読売新聞社が実施した全国世論調査(面接方式)で、多メディア時代でも、「新聞は必要だ」と考える人が「どちらかといえば」を合わせて92%にのぼった。

 インターネットなどが普及する中でも、国民の大多数が情報収集の手段として新聞の役割を重視していることがわかった。「必要だ」という理由(複数回答)では、「好きな時に好きな場所で読める」が62%でトップだった。

 調査は9月9、10の両日に実施した。新聞とテレビの報道について、それぞれの信頼度を聞いたところ、「大いに」「だいたい」を合わせた「信頼できる」は、テレビが65%に対し、新聞は90%だった。新聞は昨年比4ポイント増で、9割を回復したのは、1995年以来、11年ぶり。国民の人権、プライバシーに気を配っているとの評価でも、新聞(計78%)がテレビ(計47%)を大きく上回った。

[読売新聞社:2006年10月14日 21時56分]

|

« 怒 心身障害者扶養年金廃止の動き | トップページ | 中川幹事長講演:郵政造反組の復党検討していない »

同感です」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多メディア時代でも「新聞は必要」92%…:

« 怒 心身障害者扶養年金廃止の動き | トップページ | 中川幹事長講演:郵政造反組の復党検討していない »