« 心身障害者扶養年金制度:廃止へ 基金払底、理由に--都独自の制度-家庭 | トップページ | 「運動不足」67%「肥満」43%…“気がかり”最高 »

必修逃れ、単位削減で救済も…指導要領の例外を利用

リンク: @nifty:NEWS@nifty:必修逃れ、単位削減で救済も…指導要領の例外を利用(読売新聞).

救済措置 ・・・ これだけ数が多いと

しかし やったモン勝ちですネ

  結果としては 世の中とはこんなものだ

  赤信号 皆で渡れば恐くない ですネ

  しかし なぜ この時期に報道されたンでしょ

  文部科学省 叩き!の一環ですかネ

  教育委員会は不要だっ!の流れを醸成する

高校は進学校でした

 ゼロ時間目 一時間目の前に 補講をしてました

 教科書を使って ・・・ 自由参加とは云え

   強制力がありました (^^;

   当時は先生方の情熱! だと思ってましたが

   あの時間外勤務手当て

     だれが、どう 手当て してたンでしょうか?

大人になって そんなこと考えました

 全国各地の高校の必修逃れ問題に絡み、補習が必要な生徒の負担を軽減するため、教育委員会や学校が、学習指導要領の枠内で授業時間を減らす方法の検討を始めた。

 本来は例外的に認められる単位数の削減措置などを利用するもので、今後、政府が策定中の「救済策」に反映される可能性もありそうだ。

 学習指導要領は、50分授業を週1回、年間35回履修すると「1単位」を与えると定めており、必修科目の場合は、最低「2単位」を取得しなければならない。

 一方、指導要領には、「特に必要のある場合には、その単位数の一部を減じることが出来る」という記載もある。例えば「数学」で難度の高い内容までは教える必要のない高校が使うような例外措置だ。茨城県教委では、これを利用し、未履修だった4単位について、3単位の補習で済ませることを検討している。

[読売新聞社:2006年10月29日 03時16分]

|

« 心身障害者扶養年金制度:廃止へ 基金払底、理由に--都独自の制度-家庭 | トップページ | 「運動不足」67%「肥満」43%…“気がかり”最高 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 必修逃れ、単位削減で救済も…指導要領の例外を利用:

« 心身障害者扶養年金制度:廃止へ 基金払底、理由に--都独自の制度-家庭 | トップページ | 「運動不足」67%「肥満」43%…“気がかり”最高 »