« 学びの身体技法 | トップページ | 自閉症児負傷 校長らを提訴 »

中傷メールで同級生に苦痛与えた…中学生2人補導

リンク: @nifty:NEWS@nifty:中傷メールで同級生に苦痛与えた…中学生2人補導(読売新聞).

ここまで追いつめる ・・・ 陰湿、陰惨

悪質です 

  ・・・ 口頭の暴言であれば その場限りですが

 メールは確実に証拠を残してるンですネ

 奈良県橿原(かしはら)市立中1年の男子生徒(13)が入学直後から約5か月間、携帯メールで中傷されるなどのいじめに遭い、不登校になった問題で、奈良県警橿原署は2日、男子生徒に精神的な苦痛を負わせたとして、同級生の男子2人を補導、傷害の非行事実で県高田こども家庭相談センターに通告する。

 いじめに関与した他の同級生の男女十数人は厳重注意とした。

 調べでは、男子2人は5月ごろから、男子生徒に石を投げつけ、「気持ち悪い」などと悪口を言い、9月に入ると携帯電話に「嫌われ者」「最低」などの中傷メールも送り続けた。このため、男子生徒は抑うつ状態になっていた。

 他の同級生もいじめに加わっていたが、いじめをやめようとクラスで話し合った後も、この2人が中傷などを繰り返したため、同署は悪質と判断した。

[読売新聞社:2006年11月02日 14時56分]

|

« 学びの身体技法 | トップページ | 自閉症児負傷 校長らを提訴 »

情報モラル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中傷メールで同級生に苦痛与えた…中学生2人補導:

« 学びの身体技法 | トップページ | 自閉症児負傷 校長らを提訴 »