« 修悦体 ・・・ 佐藤修悦さん | トップページ | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 »

ひと:佐藤修悦さん JR日暮里駅で話題の案内板を作成

リンク: ひと:佐藤修悦さん JR日暮里駅で話題の案内板を作成 - 毎日jp(毎日新聞).

昨夜 お会いした佐藤さん
今朝 新聞を読んだら

時の人ですね

ご多忙の中 時間を割いていただいたのを
実感いたします

感謝・感謝です

 東京・JR日暮里駅のバリアフリー化工事の現場で、白いパネル板上に掲げられた利用客への案内板が話題になっている。「誘導をスムーズにしたかっただけ」と謙遜(けんそん)するが、「改札口はこちら」「みどりの窓口」など大きくバランスの取れた独特の文字は、本名から「修悦体」と呼ばれるほどだ。

 本職は東京都内の警備会社勤務の警備員。現在は日暮里駅で利用客の誘導係を担当している。

 駅の案内表示は03年ごろ、当時担当していたJR新宿駅のホーム移設工事の際に初めて作った。日本一利用客が多いとされる駅で、「多忙で体がきつくなり」現場にあった白、黒、黄色の粘着テープを使って表示した。これが「見やすい」と受け、駅長から表彰され、ファンのホームページまでできた。

 小学校の習字で二重丸がもらえず、授業が嫌になるほど「字は下手」だった。高校3年の商業美術の授業で看板文字を習った時に、直線中心でバランスのいいゴシック体と出合い、「これならきれいに書ける」ととりつかれた。以来、年賀状、履歴書など、丁寧に文字を書く必要がある時は「ゴシック体」。飽きたらずに「より見やすく」と独創性を加え、今の字体を作ってきた。

 最近ではメディアにも度々登場し、映画ポスターの題字やお笑いタレントが歌うCDのタイトル文字などの依頼も舞い込んでくる。それでも「駅の利用者に喜んでもらいたいだけ」と話し、あくまで本職にこだわる。

【杉本修作】


|

« 修悦体 ・・・ 佐藤修悦さん | トップページ | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 »

感謝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひと:佐藤修悦さん JR日暮里駅で話題の案内板を作成:

« 修悦体 ・・・ 佐藤修悦さん | トップページ | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 »