« 足利尊氏公マラソン大会 | トップページ | シューシャインボーイ »

教育実習:共通評価基準、都教委が初導入 採用増でも質維持

リンク: 教育実習:共通評価基準、都教委が初導入 採用増でも質維持 - 毎日jp(毎日新聞).

◇「法令遵守」や「会話力」など 「法令を守る態度が身についているか」「教職員とのコミュニケーション力は」。東京都教育委員会は11年度から、公立小学校で教育実習する大学生に対する共通の成績評価票を全国で初めて導入する方針を決めた。従来は大学側の評価基準しかなかったが、採用側から「最低限のレベルに達しているかチェックする項目を盛り込んだ」(担当者)という。団塊の世代の大量退職などに伴い教員採用が増え、質の維持が求められていることが導入の背景にある。【田村彰子】

教員採用試験:協調特別選考 3県不合格の27人採用 都教委、初の実施 /

※ 採用は増やさねば そして質の確保 難しいですね

   両立させるのは

 07年から団塊の世代の大量退職が始まり、これに伴う採用増の結果、3年以内の若手が全教員の4分の1を占める学校も多い。特に小学校は、採用1年目から担任をするケースが増えている。また、都内の児童の増加傾向が続いており、今後数年は採用増の状態が続く。

 即戦力の必要性が高まっており、都教委は10年2月、大学の教員養成システムを検証する有識者を交えた委員会を設置。その結果、「各大学の理念が見えてこない」「大学は教育実習を実習先に任せきりにしている」などの意見が出た。

 教育実習の評価では、各大学が作成した評価票に小学校側が記入する方式のため、基準にばらつきもあった。このため、都教委は必要とする教師像を踏まえた実習の評価票を導入することにした。

 新しい評価票は▽教師のあり方▽実践的な指導力▽学級経営--を柱に計9項目あり、それぞれ5段階評価。「法令を遵守(じゅんしゅ)する態度」「小学校教師に求められる常識」「教職員とコミュニケーションを積極的に図ることができる能力」など、根本的な資質を問う項目が目立つ。

 都教委は既に説明会を開いて各大学に協力を求めており、今後、採用試験に反映させることも検討する。

 しかし、大学側の反応は複雑だ。都内にある私立大の准教授は「自治体の中で、都の意向だけを反映させるのは難しい。私学として独自のスタンスは守る」と話す。学生の学力低下や少子化による定員割れなど、大学側が抱える問題も多く、ある私立短大の准教授は「われわれも質の良い学生の確保に頭を痛めている。評価票にある項目全部をクリアできる学生がいたら大学は楽だが、現実は違う」と漏らした。

毎日新聞 2010年11月3日 東京朝刊

|

« 足利尊氏公マラソン大会 | トップページ | シューシャインボーイ »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育実習:共通評価基準、都教委が初導入 採用増でも質維持:

« 足利尊氏公マラソン大会 | トップページ | シューシャインボーイ »