名誉棄損:無罪判決後に匿名ブログ 発信者の開示求め提訴

リンク: 名誉棄損:無罪判決後に匿名ブログ 発信者の開示求め提訴 - 毎日jp(毎日新聞).

備忘録として

2009年11月22日 2時30分 更新:11月22日 4時6分


 診察を装ってわいせつ行為をしたとして準強制わいせつ罪に問われ、無罪が確定した福岡市内の男性医師(45)が、無罪判決後に匿名のブログで名誉を傷つけられたとして、インターネット接続業者(プロバイダー)に発信者情報の開示を求めて大阪地裁に提訴した。業者側によると、内容は既に報道されたものばかりで、「権利の侵害が明白でない」と反論している。報道を基にしたブログが名誉棄損にあたるかどうかが注目される。

 男性医師は06年、診察を装って女性患者を写真撮影したなどとして準強制わいせつ罪3件に問われた。2件有罪、1件無罪とした福岡地裁判決に対し、2審・福岡高裁は今年5月、3件とも無罪とし、確定した。

 訴状によると、問題のブログは、自称「調査会社の社員」が匿名で開設。刑事事件など自分の関心事を書き込んでいるが、2審判決当日、男性医師の実名を挙げて「わいせつ診療で逮捕~逆転無罪」とする見出しを掲載。「医療行為と称して患者の体を触り、写真も撮った」などと、逮捕容疑や起訴状に基づき新聞などで報道された内容を書き込んだ。

 医師側はこうした内容が無罪判決後にブログに掲載された点を問題視。「社会的評価を著しく低下させる」とし、8月、プロバイダー「ケイ・オプティコム」(大阪市)に発信者開示を求めたが拒否されたため、10月、提訴に踏み切った。

 同社側によると、発信者は「社会的に知れ渡った情報を書き込んだ。無罪というニュースも追加しており、権利侵害はなく、名誉棄損に当たらない」と説明しており、同社側は「権利の侵害が明白ではない」と請求棄却を求めている。問題の書き込みは、発信者が「医師の気持ちを考える」として既に削除したという。

 プロバイダー責任制限法(02年5月施行)は、書き込みによって名誉棄損などの権利侵害があった場合、発信者を開示するようプロバイダーに求めることができる、と規定している。【日野行介】


| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタル教科書:難読症向け、日本でも供給開始…市民団体

リンク: デジタル教科書:難読症向け、日本でも供給開始…市民団体 - 毎日jp(毎日新聞).

昨日 ちらっと紙面を見て
気になっていました

長男は自閉症 ついつい反応してしまいます

自閉症や知的障害の児童らの活用も広がっているという。

 文章を画面で表示しながら音声で読み上げるソフト「デジタル(マルチメディアデイジー)教科書」の無償ダウンロードが今夏、日本で始まった。学習障害(LD)の一つで、読み書きの習得が困難な「ディスレクシア」(難読症)を持つ小中学生向けに、全国の市民団体がネットワーク化して提供。今後、利用が広がる可能性があり、関係者は国や出版社の支援を求めている。

 デイジー教科書はパソコンの専用ソフトを利用し、教科書を朗読して録音し、文章を入力。カラオケ画面の歌詞のように、音声が読み上げた文字の色が変わっていく。市民団体によると、米国では高校までの全教科書について、マルチメディアデイジー教科書を作成するよう出版社に義務付けているという。

 日本障害者リハビリテーション協会(東京都)によると、日本で誕生したのは02年。複数の市民団体が独自に作成していたが、全国10団体がネットワーク化して、7月からソフトのダウンロード利用が可能になった。8月現在、共有した教科書は要望の高い国語や社会を中心に小中学生用55種類に達し、利用者は約200人に上る。自閉症や知的障害の児童らの活用も広がっているという。【小林慎】

エンジョイ・デイジー 私らしい方法で読む、わかる! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

’09衆院選:ルポ・地域の課題を追う 大型店進出に不安

リンク: ’09衆院選:ルポ・地域の課題を追う 大型店進出に不安 /東京(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

私の住んでる 滝山 でんがなっ

こんなWebサイトも  年明けには市長選挙 さてさて

旧第一勧銀グランド跡地利用と環境を考える会

 ◇高齢者に不可欠な商店街 敷地に入ると、方向感覚を失った。計3216戸。等間隔で並んでいるアパート棟がどれも同じ建物に見える。7月、東久留米市の滝山団地を訪ねた。 返り梅雨を思わせる曇り空の下、団地住民の浜野としこさん(80)は、自宅から約200メートル離れた商店街「滝山中央名店会」に向かって歩いていた。 5年ほど前、血管を広げる心臓手術をした。歩くと胸に息苦しさを感じる。重いものは持つなと医者に注意されているが、1日1回の買い物は欠かせない。この日は生鮮食品店2店をはしご。両手に買い物袋を下げ帰途に就いた。自宅は3階。手すりにすがって33段の階段を何とか上りきった。「大型店なんてできても行けませんよ。商店街が無くなったら、飢え死にする」 団地自治会のアンケートでは、08年現在、世帯主の63%が65歳以上の高齢者。商店街の存続は、買い物もままならないお年寄りの死活問題でもある。 東久留米では高度経済成長期、団地の建設が相次ぎ、セットで商店街が形成された。店々に行列ができた時代もあったが、住民の高齢化とともに、かつてのにぎわいは消えた。 追い打ちを掛けるように持ち上がったのが、イオンショッピングセンターの誘致構想だった。野崎重弥市長は既存商店への悪影響を認めながらも、出店計画を後押しする。「税収を支えてきた住民が一斉にリタイアしている。税収構造の改善をやる時がきた」。06年度、市の市民税収は約156億円。ピーク時の93年度より1割減った。労働人口の減少が要因の一つという。 「出店に反対いたします」。06年5月、市内で開かれた商店街活性化対策の会議。商店街への補助金制度を説明するこの場で、市側はイオン出店をさらりと切り出した。滝山中央名店会の小島洋八郎理事長は、すかさず声を上げた。 年中無休、安売り、24時間営業--。大型店やチェーン店の攻勢に、小島理事長は先が見えない不安を感じている。「このままでは、みんなやられてしまう」。イオン出店は脅威だ。しかし、反対するほか打開策が見いだせない。 ある地元商工会幹部は、衆院立候補予定者の集会に参加し、こう嘆いた。「補助金が欲しいんじゃない。小さな商店が、これからの時代を生き抜くすべを政治は示してほしいんです」【山本将克】 ………………………………………………………………………………………………………  ■ことば ◇東久留米市のイオンショッピングセンター計画 滝山団地から東に約2キロの銀行グラウンド跡地(東久留米市南沢5)に、地上4階建ての大型商業施設を呼び込む計画。開店予定は11年春で、市は3億円の税収増を見込んでいる。中心市街地の空洞化を食い止めるため、都市計画法では大型店の出店を「商業地域」などの3地域に限定している。今回の予定地は出店の規制対象となる地域だが、市は同法に基づく「地区計画」を策定し、商業施設の建設を可能にする措置を取る方針だ。〔都内版〕

8月8日朝刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋篠宮ご夫妻 海フェスタ式典参加

リンク: 秋篠宮ご夫妻 海フェスタ式典参加 : 神奈川 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

昨日 この場に立会いました 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公立高校入試4488人が合格

リンク: 公立高校入試4488人が合格.

合格 おめでとうございます

努力に (^^)/▽▽\(^^)

合格までの努力

合格してからの努力 これからが大切です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上春樹さん、エルサレム賞記念講演でガザ攻撃を批判

リンク: asahi.com(朝日新聞社):村上春樹さん、エルサレム賞記念講演でガザ攻撃を批判 - 文化.

偶然 テレビを見て

彼の著作 読んだ経験がありません

読んでみたくなりました 読まねば

体制を壁に、個人を卵に例えて、「高い壁に挟まれ、壁にぶつかって壊れる卵」を思い浮かべた時、「どんなに壁が正しく、どんなに卵が間違っていても、私は卵の側に立つ」と強調した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコのあくび:がばい福祉

リンク: ネコのあくび:がばい福祉 - 毎日jp(毎日新聞).

久々に【野沢和弘】さんの記事を拝見

 「何でしたっけ、障害者月間……」。ひやっとした顔をして厚生労働省の課長が聞いてきた。佐賀県が今年から独自に設けたもので、11月8日~12月9日、障害者理解を促す啓発活動をしている。「ああ、佐賀県の……」。課長はホッとして笑った。

 舞台の上では古川康佐賀県知事が、「アウェアネス・リボン」を見せて月間の意義を力説している。さまざまな障害をモチーフにした色や柄でデザインされており、これも佐賀県が独自に作製した。

 それにしても元気だ。障害者が働く特例子会社を知事自らが誘致したといい、「全国一の障害者雇用をめざします!」と熱っぽく聴衆に訴えている。唐津市で開催された「チャレンジド・フォーラム」という地域福祉を進めるイベントでのひとこまである。

 1958年生まれ。東大法学部を出て総務省に入り、03年に全国最年少(当時)で知事に初当選した。九州電力のプルサーマル計画や九州新幹線などに積極的で、旧来型の政治ではないかとの批判もある。その一方、身障者用駐車場利用証制度を全国で初めて実施し、難病相談・支援センターや知的障害者福祉工場を作るなど福祉にも熱心だ。

 こちらに光を当てると向こうの影が気になり、暗がりに目を凝らしていると輝いているものが見えなくなる。複雑な価値観が絡まり合う社会の中で政治家の本質を評価するのは難しい。

 フォーラムの懇親会では芸達者な難病患者やお年寄りがマイクを握り、会場の爆笑を誘った。ありゃ、気がつけば知事がステージの真ん中で踊りまくっている。【野沢和弘】<絵・伊賀高史>

毎日新聞 2008年11月20日 東京朝刊

佐賀県庁のHPをうろちょろしてたら
こんなページがありました

知事の発言集
質疑応答:障害者取り押さえ事件

http://www.saga-chiji.jp/kaiken/08-4-1/shitsumon2.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

創価大学、はしか流行で全校休講

リンク: @nifty:NEWS@nifty:創価大学、はしか流行で全校休講(J-CASTニュース).

はしか

流行してるンですネ

学級閉鎖ではなく ・・・ 全校休講!とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読み比べ

リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 発信箱.

この発言 読めばそうか 相槌を

ですが こちらを読めば こちらも

  私は 後者が正論だと思う 森田実の言わねばならぬ[517]

どっちがまともな理屈か、と聞かれて困るのが、道路特定財源の一般財源化をめぐる議論だ。

 道路づくりの名目で集めた金を「財政難だから」と別の使い道に転用するのは、確かに筋が違う。そう考えると、自動車、石油、運輸業界や道路族議員らに分がある。

 だが、独善を戒め、もっと想像力を働かすと違うものが見えてくる。道路建設と、それが支えたモータリゼーションを無条件に肯定することへの疑問だ。反対論者は「受益者負担」を口にしたがるが、もたらしたのは「益」ばかりではない。

 交通事故の死者は年間約7000人。地球温暖化を招き、大気汚染による健康被害に苦しむ人もいる。生活空間に道路と自動車が侵入し、子どもは外で遊べなくなった。中心市街地の商店街はすたれた。公共交通機関は環境にやさしいのに、地方ではその多くが存続の危機にある。

 すべて道路のせいとは言わないが、毎年兆円単位の金をつぎこんで築き上げた「車優先社会」の負の面である。

 たとえば、東京高裁で和解協議中の大気汚染訴訟で、国はぜんそく患者の医療費の自己負担分を全額助成する制度創設を拒否しているが、その額は年間約40億円。また、交通遺児が創設した「あしなが育英会」は、年間約20億円の奨学金の原資集めに苦労している。しかし、分捕り合戦に忙しい政治の世界でこういった使い道に思いをめぐらす人はいないようだ。

 聞こえてきたのは「道路財源を使った高速道路料金値下げ」。これ以上車を走らせ、車優先社会に拍車をかけて、どうする気だ。(経済部)

毎日新聞 2006年12月8日 東京朝刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニフティ社長:「創立20年目の節目に上場できた」会見で

リンク: ニフティ社長:「創立20年目の節目に上場できた」会見で-photoジャーナル:MSN毎日インタラクティブ.

 20年ですか

 長男が生まれた年に ニフティを始めました

 1988年

 パソコン通信時代から ず~っとニフティ

 ・・・ 中村メール 懐かしいです

    のんびりした時代でしたネ

社長のブログです 

最近 記事のアップが少ないですネ

ココログ君 不調で またフリーの件で

叩かれて ・・・ それもあるンでしょうか

財閥のぼんぼん社長ですから

叩かれるのには 慣れてない

インターネット接続大手のニフティが7日、東証2部に上場した。同社は1987年にパソコン通信の「ニフティサーブ」を始めた日本の通信接続サービスの草分け。ブロードバンド(高速大容量通信)化が進んで市場が成熟する中で、同社はネット接続だけでなく、動画配信などコンテンツ事業に力を入れる方針だ。

 東証で同日会見した古河建純社長は「創立20年目の節目に上場できた。今後は他社との提携にも積極的に取り組む」と述べた。上場で調達した約55億円は、ブログ(簡易型ホームページ)や動画投稿など、「ウェブ2・0」と呼ばれる新しいネットの動きに対応するサービスや、携帯電話へのコンテンツ提供に使う。

 同社の06年3月期の売上高は687億円で、このうち87%がネット接続サービス収入だ。多くのユーザーが従量制から定額制に移行し、接続料収入の大幅増は今後多くを期待できない。「脱接続料収入」は各社共通の課題で、7月にNECから分社・独立したNECビッグローブや、ソニーグループのソネットエンタテインメントも、SNSや電子商取引の強化を打ち出しており、メーカー系プロバイダーの競争は今後も厳しくなりそうだ。【森有正】

毎日新聞 2006年12月7日 19時33分

| | コメント (2) | トラックバック (0)