買って応援

Img_0572

最近は高田馬場にて

がんばれ

📣 📣 📣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

応援

Img_0506

ビッグイシュー
買って応援
📣 📣 📣


| | コメント (0) | トラックバック (0)

発達障害は治りますか?

リンク: 花風社.

花風社から 新刊のご案内が

花風社ではこのたび、精神医学界のカリスマといわれる名医神田橋條治先生の本「発達障害者は治りますか?」(税込2,310円)を出版いたします。

 神田橋先生は、名医中の名医。
 かの杉山登志郎先生をして「その慧眼には敬服の念を禁じ得ない」と言わしめたほどの精神医学界の重鎮です。
 なぜか?
 それは圧倒的な臨床の実績を上げられているからです。
 長年の不登校のお子さんが学校に通い始めたとか、20年引きこもっていた人が3日の通院でハローワークに通い始めたとか、そういう「神田橋伝説」を日本中ほうぼうで聞くことができます。

 ご時勢でしょうか、その神田橋先生のもとにも昨今は発達障害の方が外来に訪れるようになりました。
 そして先生は知るのです。「発達障害者への医療サービスがめちゃくちゃなことになっている」
「診断が治療に結びついていない」
 診断だけ受けてもその後、状態の改善に向かっていない発達障害の方が多すぎると神田橋先生はお考えになりました。
 
 ならば「発達障害者の状態改善」についての本を書きたい。
 医療者だけではなく、当事者や保護者に伝えたい。
 医療者の方たちには、神田橋先生のお名前だけで大変なアピール力があります。でも同時に、「保護者・当事者にアクセス可能な出版社」ということで、光栄にも花風社がご指名をいただきまして、この数ヶ月心血注いで本を作ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親の顔が見たい

リンク: 親の顔が見たい.

今日の毎日新聞 書評にて
こちら「oyano_kaoga_mitai.pdf」をダウンロード

これは読まなければ
ネットで注文です

親の顔が見たい  久しく聞かれません

親の顔を見たら  『さもありなん』 この親にして この子あり

納得したりして 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続々 自閉っ子、こういう風にできてます!

リンク: 花風社.

花風社さんからメールが届いてました

新刊の紹介です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障害のある人にやさしい法律相談所

リンク: SPLANNING.

この本 本棚にあります 著者は辻川圭乃

今日 ニュースを見て
所在を確認しました 

記事はこちら
専門弁護士:知的障害者に対応 養成へ大阪で初の取り組み

マニュアル作成時の座長で、PTのメンバーにも入る

辻川圭乃(たまの)弁護士

は「知的障害のある人は冤罪(えんざい)に巻き込まれやすい。また、罪を反省していても、裁判でうまくそれを伝えられず、厳罰化されやすい。目や耳が不自由な身体障害者も視野にいれ、対応できる専門弁護士を来年中にも養成したい」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻冬舎 偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する ? 武田邦彦 著

リンク: 幻冬舎 偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する ? 武田邦彦 著.

本の紹介ですが ・・・ お薦めはしません

私としては

こちらを 読んだからです
“環境問題のウソ”のウソ

武田氏の本 購入する価値を認めません

比較しながら読むのも一興です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ世界の子どもたち 藤川大祐

リンク: ケータイ世界の子どもたち 藤川大祐 講談社.

こんな本が ・・・

買い!!!ですネ

小中学生が覗く社会の闇! メール依存、ネットいじめ、学校裏サイト、児童売春 親や教師はどう対処したらよいか

子どもの生活がケータイで激変している。学校裏サイト、メール依存、プロフ援交──。小中学生も社会の暗部を覗いている。規制はまだ追いつかない。子どもをどう守るか、真摯に問う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本:自閉症の長男の生涯つづる 元脚本家、山下久仁明さんが出版

リンク: 本:自閉症の長男の生涯つづる 元脚本家、山下久仁明さんが出版 /東京 - 毎日jp(毎日新聞).

昨日の新聞です

映画 応援しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福田ますみ『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相―』

リンク: 福田ますみ『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相―』|新潮社.

今日 購入 一気に読んでしまいました

途中 怒りで ・・・ 読み飛ばしましたが

この報道があった時 とんでもない教師がいたもんだ

 怒 怒

この本を読んで
冤罪 マスコミの報道姿勢について
センセーショナルに煽る 世論を引っ張る
怖さを思います

丹念にその後を報道する 大切です

モンスターペアレントの虚言によって、彼は史上最悪のいじめ教師に仕立てられた。

「早く死ね、自分で死ね!」。二〇〇三年六月、全国ではじめて「教師によるいじめ」と認定される事件が福岡で起こった。問題の小学校教師は、担当児童を自殺強要や暴力でPTSDによる長期入院に追い込んだとされ、「殺人教師」とまで報じられた。だが後に、一連の事実は、児童両親によるでっちあげだったことが明らかになる……。

 
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)