ネット社会と子どもたち協議会

リンク: ネット社会と子どもたち協議会.

ネット・ケータイ問題に首を突っ込んだのは
ネット子との出会いです

ご縁です 一期一会 大切な出会いの場でした
学びの場でした

ネット社会と子どもたち協議会設立4周年フォーラム

子どものネット利用について、参加者同士で自由にじっくり討論するフォーラムを開催します。日々子どもたちに接している皆様で、具体的なネットトラブルへの対応などを紹介し合い、意見交換することで、より良い実践的な子どもの導き方が見えてくるのではないのでしょうか?!

主催 ネット社会と子どもたち協議会・おやじ日本
共催 NPO法人暮らしと耐震協議会
後援<予定>渋谷区教育委員会
【日時】11月28日(金)18:30-20:45
【場所】美竹の丘・しぶや 多目的ホール (JR渋谷駅から徒歩10分)

案内はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OASYS

リンク: OASYS and CAMELLIA homepage.

OASYS 名機でした 

OAに携わった最初の機器です

親指シフトキーボード 懐かしい

こんなWebサイト 発見 嬉しくなりました 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

皮革の変象2006 村上慶子展

「murakami_keiko_ten.pdf」をダウンロード

高校の先輩です

■7月21日(金)~30日(日)

■京王プラザホテル ロビーギャラリー

  氏の作品 会社のデスクに飾っています

  http://wapapa.cocolog-nifty.com/wapapa/2004/08/post_47.html

ユーザー名:wapapasann

パスワード:123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学の同窓会

分大 ぶんだい

大分大学 経済学部の卒業

   学部まで言ってしまいます

   同窓会 歴史を背負ってるので学部別です

   大分医科大学と統合し

   そして 国立大学法人化もしました

   学部を越えて ひとつの大学として 纏まらないと

   少子の中で 魅力ある 生き残れる大学経営は難しいと

   思います >>> 同窓会の一本化も急務でしょう

そんな試みの第一歩でしょうか

 ◆ 昨年 工学部同窓会と東京四極会(経済学部同窓会)交流会

   第一回 開催しましたが

 今回は 教育福祉科学部、経済学部、

       医学部医学科、医学部看護学科

      工学部 

      医学部は二つの学科で別の同窓会!

  学長をお迎えして 開催です

詳細はこちら http://wapapa.cocolog-nifty.com/shiwasukai/2006/02/post_cd93.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wa

会社のデスクの上に『  』

飾ってあります 

高校の大先輩の作品です 皮革工芸作家 村上慶子様

http://members3.jcom.home.ne.jp/keei/

和パパさんの “” お気に入りです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学の同窓会の交流会

奇妙なタイトルになりました

分大(ぶんだい) 大分大学の同窓会は学部毎です

経済学部は四極会(しはすかい)

工学部は翔工会

その東京支部の交流会です ・・・ 記念すべき、第一回目

昨日 開催されました

  実は案内に返事をしなかったら 督促の電話をいただき

  しぶしぶ参加した次第です 、、、 (^^;

コラボ産学官 http://www.collabosgk.com/  

ここに大分大学の東京オフィスがあります

先ずはここを見学、そして 懇親会場へ

主催者挨拶として

1)大分大学VBL(ベンチャービジネスラボラトリー) 施設長 http://www.vbl.oita-u.ac.jp/

2)東京四極会 理事長

3)翔工会東京支部 支部長

  学部の歴史が如実に表れるのが年齢構成です

  翔工会支部長 昭和53年卒 ・・・ 私は昭和56年卒

  東京四極会理事長 昭和38年卒 

  若さと勢いは 翔工会 >>> 学部の勢いかもしれません

  国立大学法人として経営をし 選ばれる大学として

  壮絶な生き残りを図る必要があろうかと思います

  地方のハンディを乗り越えて 受験生を集め 教育し

  そして卒業生を世に出さないといけません

  私の私見ですが 工学部にはまだ勢いがある

  しかし 経済学部には ・・・ 歴史はあるが

      県外から受験生が来てるのか ・・・ 

      卒業生が県外へ 就職してるのか ・・・

      甚だ疑問であります

今回の学部の垣根を取っ払った交流

東京の拠点を有効に活用しながら 継続できればと思います

継続するために 何が必要か 何をお手伝いできるか

考えたいと思います

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)