個人情報の漏えい人数はUSBメモリが実質最多

リンク: 低価格・大容量化が原因に:個人情報の漏えい人数はUSBメモリが実質最多――JNSA報告書 - ITmedia エンタープライズ.

最後は人の問題です

セキュリティポリシーを定めても
運用するのは 人間 です

自分は関係ね~っ

想像力の欠如です 

システムで対応するしかありませんネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixiコミュニティー“乗っ取り”にユーザー困惑

リンク: @nifty:NEWS@nifty:mixiコミュニティー“乗っ取り”にユーザー困惑(ITmediaニュース).

mixiに軸足を移しつつありますが

クイック投稿!は便利です (^^;

どこにも 悪意のユーザーいるンですネ

 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「mixi」上で昨年末から、コミュニティーの名前や内容が突然、以前とはまったく関係ないものに変わり、ユーザーが困惑する事態が相次いでいる。一部の悪意あるユーザーが、各コミュニティーの管理人の座を“乗っ取り”、その内容を改変しているようで、運営元のミクシィも対応を検討している。


 mixi内でコミュニティー乗っ取りが話題になり始めたのは昨年12月はじめごろ。“乗っ取り犯”のユーザーは、管理人がいないコミュニティーの管理権限を取得して内容を改変するほか、管理人がいるコミュニティーでも、管理権限を奪って荒らしているようだ。

 管理人がいるコミュニティーを乗っ取る場合、悪意あるユーザーはまず、コミュニティーの掲示板に罵詈雑言や管理人の悪口などを書き込んで荒らす。管理人が管理に疲れると、荒らしたユーザーの仲間と見られる、別の悪意あるユーザーが「管理人を交代してあげる」などと持ちかけて管理人権限を取得。コミュニティー名や内容を、従来とはまったく関係ないものに変えてしまったり、掲示板を削除してしまったり、コミュニティーそのものを削除してしまう。

 乗っ取られたコミュニティーの参加者は、掲示板で「前の姿に戻してほしい」などと訴えたり、新しい管理人を責めるなどして抵抗しているほか、コミュニティーを退会したり、別のコミュニティーを作ってそこに「避難」したりしている。

 “乗っ取り犯”の目的は定かではないが、「乗っ取ったコミュニティーの参加者数が減っていくのを見て楽しんでいる」「mixiを混乱させて楽しんでいる」といった見方がネット上では優勢だ。

 ミクシィはこういった事態について「管理人が、悪意を持ってタイトルを変えたり、コミュニティーを全く別のものに作り替えてしまう事実があることを、運営事務局として確認している。ユーザー同士で解決して頂けない場合は、管理人が、コミュニティーのもともとの設立意図を継承してもらえるユーザーに管理権を渡すことができるよう、現在対策を協議中」とコメントしている。

 また、同社は昨年12月27日、管理人に次ぐ権限を持った「副管理人」を各コミュニティーに追加。管理人の権限の分散も図っている。

[ITmediaニュース:2007年01月10日 17時05分]

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中傷メールで同級生に苦痛与えた…中学生2人補導

リンク: @nifty:NEWS@nifty:中傷メールで同級生に苦痛与えた…中学生2人補導(読売新聞).

ここまで追いつめる ・・・ 陰湿、陰惨

悪質です 

  ・・・ 口頭の暴言であれば その場限りですが

 メールは確実に証拠を残してるンですネ

 奈良県橿原(かしはら)市立中1年の男子生徒(13)が入学直後から約5か月間、携帯メールで中傷されるなどのいじめに遭い、不登校になった問題で、奈良県警橿原署は2日、男子生徒に精神的な苦痛を負わせたとして、同級生の男子2人を補導、傷害の非行事実で県高田こども家庭相談センターに通告する。

 いじめに関与した他の同級生の男女十数人は厳重注意とした。

 調べでは、男子2人は5月ごろから、男子生徒に石を投げつけ、「気持ち悪い」などと悪口を言い、9月に入ると携帯電話に「嫌われ者」「最低」などの中傷メールも送り続けた。このため、男子生徒は抑うつ状態になっていた。

 他の同級生もいじめに加わっていたが、いじめをやめようとクラスで話し合った後も、この2人が中傷などを繰り返したため、同署は悪質と判断した。

[読売新聞社:2006年11月02日 14時56分]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ中傷「いじめにあった」山梨の女子高生自殺未遂

リンク: @nifty:NEWS@nifty:ブログ中傷「いじめにあった」山梨の女子高生自殺未遂(読売新聞).

ネットの中での事件

匿名性はあるものの

日常生活の中で 人の嫌がることはしない

傷つけない 思いやる

人として 人間としての基本ができていないから

   ・・・ ネットの匿名性が悪意を助長する

      否定できませン

 山梨県内の県立高校2年の女子生徒が今月6日、「いじめにあった」と悩んで精神安定剤を大量に服用し、自殺未遂を図っていたことが18日、わかった。

 女子生徒は回復したが、学校を休んでいる。県教委は、女子生徒が開設したブログに、同級生が性格を中傷する内容の書き込みをしていたことなどを確認しており、いじめと認定した。

 県教委などによると、女子生徒はブログや友人への携帯電話メールで、「いじめられている」と訴えていた。中傷の書き込みは今年春ごろから断続的に続いていたという。

 女子生徒は6日夜、自宅で精神安定剤を大量に服用し、倒れているのを母親に発見され、病院に搬送されたが、翌日、退院した。いじめを指摘する内容を記したメモを残していた。

[読売新聞社:2006年10月18日 22時26分]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年 3月4日 携帯フォーラム開催

こんなフォーラムです「07.03.04.pdf」をダウンロード

おやじ日本  も主催者のひとつです

主役は 千葉県のおやじの会のみなさまです

コーディネーターは 藤川大祐先生@千葉大学教育学部助教授

  パネラーとして 永井氏 e-ネットキャラバン事務局

 おやじの会から 草野小学校 おやじの会 から

 先生の立場から derekさん  

 現在の登壇者のみなさまです

 会場の参加者を巻き込んで 有意義な時間、場を

 提供できればと考えます

 詳細はこれからですが 楽しみです

 終了後の 懇親会も 期待してます

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「子どもとケータイ、インターネット」フォーラム

カテゴリー:情報モラルとしましたが

表題のフォーラムが3月25日(土)開催されます

詳細はこちら (案)の段階です 「06.03.25.pdf」をダウンロード

文部科学省もケータイ、ケータイインターネットの怖さ

野放図に持たせた、利用させている実態に気づいたンでしょう

昨日 板橋での「市民ネット」フォーラム参加しましたが

   http://www.npo-digi.com/shimin-net/shimin-f.html

地域で子どもを守る 家庭、地域 そして学校

産官学 +  の連携  協働の在り方が問われています

  竹花、安井 両巨頭のお話は いつ聞いても魅了されます 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ネット社会の危険な落とし穴から、子どもたちを守ろう!」フォーラム2005

http://www.manabinoba.com/index.cfm/4,6955,76,html

11月25日に開催された表題のイベント

学びの場.com(http://www.manabinoba.com/)に

記事として報告されました ・・・ アップが遅れてしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネット社会と子どもたち

金曜日は

「ネット社会の危険な落とし穴から、子どもたちを守ろう!」2005フォーラム

http://net-society.org/modules/news/article.php?storyid=11

参加しました

翌日の土曜日は 浜松にて

ねちずん村 村長の講演を

(群馬大学社会情報学部 教授 下田博次)

http://www.netizenv.org/

二日続けて 情報モラルについて 考えました

何らかの規制が必要でしょう

そして、子どもに実体験を通じて “豊かな心”

豊かな心 漠然として ますが 

夜更ししない 早寝・早起き 朝食をキチント!

昔の家庭を取り戻せかもしれません 

  大人が子どもを守る 当然ですが

  先ず 大人が変わらなければ 

  大人を変えるのは 子どもです 子どもをとおして

  大人が変わる

フォーラム2005でお披露目したサイトです(http://www.npo-digi.com/net-s/

この あったかリンク集 に答えがあるかもしれません

http://www.npo-digi.com/net-s/warm.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)