高齢者宅ごみ出し支援 : 障害者が搬出へ

リンク: 高齢者宅ごみ出し支援 : 東京多摩 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

こんな取り組みが ・・・

 武蔵村山市は、高齢者世帯などに障害者を派遣して、玄関先から集積場所まで家庭ごみを運ぶ「ごみ出し支援事業」を企画し、利用世帯を募集している。高齢者やヘルパーの家事負担を軽減するとともに、障害者が手間賃を受け取ることで収入増につなげるのが狙い。多摩地区でこれまで、高齢者世帯などの家庭ごみの搬出を手伝っている自治体は14市に上るが、障害者が担い手のケースはない。

 対象となるのは、要介護3以上や認知症の高齢者、障害者らで、ごみを集積場所まで持ち運ぶのが困難な住民のみの世帯。

 武蔵村山市では、ごみ出しは午前8時までと決められているため、高齢者世帯などでは介護ヘルパーの訪問時間に間に合わず、自宅内や庭にごみをためていることが多いという。そのためヘルパーが、自宅に持ち帰ったり、近所の人に頼んだりして対処しているという。

 ごみ出しを担当するのは、市内2か所の精神・知的障害者施設の通所者。1世帯につき30円が障害者に支払われる予定。

 同事業に参加する「えのき園」施設長の殖木美知子さん(59)は、「不況下で下請けの仕事が減っているので、ありがたい。社会に貢献できる仕事なので、障害者にとっても励みになる」と期待している。

 市では10月から募集を始め、これまでに7世帯が申し込んだ。施設が近く高齢者宅を訪問し、ケアマネジャーらと日程を調整する。

 市高齢福祉課によると、今のところ、担当者が普段のごみ出しで家の中にいる高齢者らと接触することはない。ただ、今後は、ごみが出ていない時はチャイムを押して様子をうかがうといった安否確認の仕組みを取り入れることも検討しているという。神子武己課長は「ごみ出し事業に限らず、障害者と高齢者が互いに協力し合う体制をもっと広げていきたい」と展望を語る。

問い合わせは同課

(2009年12月2日 読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発信箱:ネット取材考=花谷寿人

リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 発信箱.

ネットに依存してる

追われてる 感じてます

昨日から携帯は所持してません

ネットについては

 1月1日から1月3日まで 接続しません

 その分 初詣に行ったり 高尾山へ

 特に 長男と過ごしたいと考えてます

私たちはインターネットに依存するあまり、いつの間にか支配されているのではないか。そんな疑問から毎日新聞の「ネット社会取材班」は動き出した。

 取材を始めたのは2カ月前。20代から30代の記者たちが集まった。彼らの問題意識はこうだ。

 ネットの匿名社会が進む一方で、個人情報がはんらんし、人権を侵している。新たな形態の犯罪が次々と生み出される。サラリーマンの働き方もずいぶん変化した。子供たちは携帯で友だちとつながりながら、返信に追われる……。

 劇的にもたらされたネットの利便性や効率と引き換えに、大事なものを失いつつあるように見える。取材を進めていくうちに、その思いを強くした。

 ところがいきなり、ネット社会の怖さを感じることになる。相手が取材された内容を、直後にブログの日記やネットの掲示板に書き込む。新聞記者のかつての取材は1対1の関係だった。それが大きく変わり、記者個人の名前や取材の仕方が不特定多数の人々にさらされる。メディアもそういう時代を迎えたことを思い知らされた。記者は名刺を出すことさえ、ためらうこともある。

 それでも生身の人に会って話を聞くのが私たちの仕事だ。そうしなければ、本当のことを伝えられないと思う。

 連載企画「ネット君臨」は31日にスタートする予定。取材班は毎日新聞の愛読者サイト「まいまいクラブ」(http://my-mai.mainichi.co.jp/)のブログで幅広くネット社会のあり方を考えている。ご意見や情報を募集しています。(社会部)

毎日新聞 2006年12月30日 東京朝刊

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千葉県の「障害者差別解消」条例

リンク: 記者の目:MSN毎日インタラクティブ.

長男の障碍(自閉坊君)で 福岡から東京へ

療育の機会、学校、福祉等々 考えて

転勤を強要!(勤務先に理解いただき)

その頃は 就学が最大の懸案でしたが

大きくなるにつれ 悩みも大きくなります

その分、保護者もタフになりますが

   さて、介護の問題等々 住み良い自治体を

   選んで移住する そんな時代です

今は余裕がない! 家のローンで (^^;

   身軽になって 余裕があれば

   移住する それも一つの選択肢です

福岡から 東京へ 現時点では

この選択は間違いではなかった

そう云えます そう云える幸運に感謝です

     嫁さんの努力に感謝です

千葉県の「障害者差別解消」条例=森禎行(社会部)

 ◇波及期待できる市民立法--「話し合いの灯」、持続を

 千葉県議会で10月、障害者差別をなくすための条例が成立した。国や他の自治体に先駆けた内容もさることながら、障害者らが作り上げた「市民立法」という点に大きな意義がある。当初から障害者が立案にかかわり、苦労しながらも議員の心を動かした。9月まで千葉支局に勤務していた私はその過程を見てきた。地方分権で自治体の重要性が高まる今日、条例は「市民による政策づくり」の好例として、他の施策にも波及しうる魅力を備えている。

 条例の名称は「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」。「レストランへの入店を断られた」「養護学校への入学を強制された」など、障害者を取り巻く差別や「生きにくさ」を和らげ、生活しやすい社会を築くことを目指している。

 条例ではまず、教育、雇用など8分野で差別とは何かを定義した。悪質な差別に対しては、知事が改善を勧告する手続きも盛り込んだ。米英など世界40カ国以上で障害者差別禁止法があるのに対し、日本には裁判規範となる法規定がない。国連は01年、日本政府に対し、法の制定を勧告した。また、年内には国連で障害者権利条約が採択される見通しだ。「板挟み」となった国は法整備を急がざるをえないだろう。

 条例が成立するまでには多くの時間と市民の努力が必要だった。04年9月、県は差別事例約700件を公募で集めた。05年1月に障害者や弁護士、企業関係者などによる研究会が発足し、11カ月20回にわたり、集まった差別事例などについて議論した。条例を広く知ってもらうため、障害者や市民団体が主催して県内各地で勉強会や説明会が繰り返し開かれた。県は事務作業の調整役に徹した。

 従来の行政主導による「市民参加」ではなく、「市民主権」による立法活動だった。千葉県より前に同様の条例を作ろうとして頓挫した宮城県や鳥取県は、行政主導のやり方が障害者らの反発を招いたが、千葉県の条例は福祉や司法関係者から高い評価を受けている。

 「市民立法」は、阪神大震災の被災者が原動力となった「被災者生活再建支援法」(98年5月成立)で注目を集めた。作家の小田実さんらが原案を公表してから今年で10年。ほかにも「航空・鉄道事故調査委員会設置法」など市民の力は着実に国を動かしている。「福祉後進県」といわれた千葉県で、声が大きいとは言えない障害者が条例を作った意義は大きい。

 条例が成立する過程で、県議会は「チェック機能」を果たした。自民党議員が「『保護者の希望しない学校への入学』を差別とすると、学校がとまどう」と疑問を呈し、市町村教育委員会からも不安や批判の声が噴出した。予想以上の反発を受け、県は「保護者の意見を聞かない」場合に限り差別になると修正した。障害児も普通学級に入る「統合教育」の観点からは、確かに内容は後退したと言える。

 堂本暁子知事に対する反発から自民党議員が反対した一面もある。千葉県は議席の約7割を自民党が占める「自民王国」。だが仕事として「口利き」がはびこり、「(数の力で)反対はできても、政策スタッフがおらず自ら政策を作れない」と打ち明ける県連幹部もいる。

 しかし、市民主催の勉強会には多くの議員が自主的に参加し、その中には自民党議員もいた。同党政調会は10回以上開かれた。政調会委員でもある石橋清孝・健康福祉常任委員会委員長は「当初は問題を感じたが、最終的には納得いく条例になった。我々も勉強しないと市民に笑われるからね」と話す。

 堂本知事は条例を、イソップ童話の「北風と太陽」に例える。厳罰(北風)ではなく寛容さ(太陽)を大事にしたという意味だ。飲酒事故など、立法に厳罰を求める世論は大きい。しかし差別は罰するだけでは解決しない。個別の相談を受ける「地域相談員」制度や、障害者への理解を広げるための「推進会議」など話し合いの機会を多数作った。視覚障害がある研究会の副座長、高梨憲司さん(57)は「条例は決して特効薬ではないが、漢方薬のように徐々に効いてほしい」と話す。

 実は、条例案は6月、否決の危機に立たされた。当時研究会委員が口をそろえたのが「議論の灯を絶やさないでほしい」という言葉だった。無意識に生まれる差別への対応はさまざまで、運用面の課題は残されている。その克服に向け、「話し合いの灯」を今後も照らし続ける必要がある。十分な議論でみなが納得する政策ができれば、暮らしやすい成熟した「市民主権」社会に近づくと思う。

毎日新聞 2006年11月10日 東京朝刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自閉症児負傷 校長らを提訴

こんな結果になったんですネ:「06.11.02.pdf」をダウンロード

話し合い等を経て 溝が埋まらなかったんでしょう

当事者ではありませんので 何も云えません

過去にこんな記事アップしました

2005.03.30 自閉症児負傷事故から

お手数ですが

ユーザー名:wapapasann  パスワード:123

       叩いて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相補佐官 山谷えり子

山梨日日新聞06.10.11:「yamanashi.pdf」をダウンロード

少々 古い記事です

何故か タイトルの補佐官 目に留まりました

好き嫌いの激しい私です

    正直 キライの範疇です

この記事を思い出しました(氏との関連はありませン!)

私が 勝手に連想したンです

七生養護学校 性教育への都教委介入

 お手数ですが

ユーザー名:wapapasann  パスワード:123  叩いて下さい。

※ こんな記事もありました 笑えます!!!

山谷えり子の「経歴」 削除された気になる部分

内閣総理大臣補佐官(教育再生担当)山谷 えり子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自主共済つぶす新保険業法

「06.09.24.pdf」をダウンロード  毎日新聞

署名活動もしましたが

ダメなようです

    ガイアツでしたか

       アメリカの忠犬の仕業でしたか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発信箱:感情と意味=野沢和弘

リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 発信箱.

小泉改革 何だったンでしょうか

これから正当な評価が下されるンでしょう

 これだけ高い支持率のまま小泉内閣が幕を引くことができたのは、巧みなテレビ利用術だったと言われる。首相官邸で記者団とやり取りする首相の顔と言葉を、テレビが毎日茶の間に届けたことがそうだという。ただ、その前の森喜朗首相が同じことをやったらと考えると、やはり小泉さんのキャラクターも大きいと思う。

 テレビはその場の状況を生々しく伝える。郵政民営化法案が参院で否決され、衆院解散に打って出た時の記者会見では、声の調子や表情の微妙な動きから、首相の血が沸き立つような心の動きが伝わってきた。続々登場した「刺客」候補のはじけるようなキャラクターや高揚感も洪水のように茶の間をのみ込んでいった。その情報量は活字メディアを圧倒する。

 しかし、状況をわかりやすく(面白く)伝えることと、その状況が意味するものを伝えることは違う。テレビを見る人は映像と音によってさまざまなイメージがふくらみ、「面白い・つまらない」「快・不快」「好き・嫌い」の感情をかき立てられる。しかし、そのニュースの意味を深く理解しないと「正しい・間違い」「良い・悪い」の判断を誤る。

 ポスト小泉をめぐる各種世論調査では、次期政権に期待するものとして年金や医療など社会保障制度改革が上位だった。しかし、社会保障政策にほとんど実績のない安倍晋三氏の人気が他を圧倒し、断トツで自民党総裁に選ばれたのはなぜか。

 世の中には面白くて好きだと思っても間違っていることがある。不愉快でつまらなくても正しいこともある。(社会部)

毎日新聞 2006年9月23日 東京朝刊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育への公的支出率

ぼやきでんな 「06.09.13.pdf」をダウンロード (上毛新聞)

日本、3.7%で最低 OECD調査

小泉語録 思い出しました

米百俵

  嘘吐きは泥棒の始まり 

 見事に国の将来を盗りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除  個展(ダウン症の画家)

「06.05.17.pdf」をダウンロード  上毛新聞から

別々の記事にすべきですネ。テーマが異なります

  “ものぐさ”親父です (^^;

◆ 職場の掃除 賛成です 身の回りを綺麗にする

   ※ 外注費削減 委託先は 仕事が無くなった

      従業員は 仕事が減って ・・・ 

   確かに経費削減ですが 回りまわって

   弱者(労働者)にシワ寄せが 考え過ぎでしょうか

◆ 二つ目の記事 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060508-00000020-maip-soci

   「トバシ!」 鑑賞に行きたく思います 

  こちらでも取り上げられてました

 重度のダウン症の画家、小柏龍太郎さん(27)=群馬県高崎市=が15日から、東京・銀座で初の個展を開く。大きなキャンパスに色とりどりの絵の具を散らす独特の作品は、絵画の専門家が「豊かな色彩と活力が秀逸」と太鼓判を押す力作ぞろいだ。
 「ぼく、幸せだ」。先月末、個展を前に家族や友人たちと夕食を囲んだ龍太郎さんがつぶやいた。龍太郎さんは、病気のため簡単な単語しか話せない。他人とのコミュニケーションも、あまりできない。そんな龍太郎さんの言葉に、母桂子さん(58)は「龍太郎にも理解できるくらい、大きな出来事なのでしょう」と話す。
 ダウン症は染色体異常のために起きる病気で、運動や知的発達が遅れる。大人になれないまま、世を去る患者も多い。龍太郎さんは生後4カ月で病気が分かり、医師からは「合併症を起こすなど最悪の場合、7歳までの命」と宣告された経験がある。幸いにも合併症の併発はなかったが、今でも身長145センチと小学生くらいの体格だ。
 龍太郎さんが絵を描き始めたのは99年。養護学校の職業訓練で、決められた作業を強いられる龍太郎さんの姿に心を痛めた桂子さんが、高崎市内の絵画教室へ連れていったのがきっかけだった。龍太郎さんは、紙に絵を描くのではなく、床へポタポタと絵の具を落とすことに興味を持った。
 絵画教室の前島芳隆さん(48)が、絵の具をキャンパスへ飛ばす「トバシ」画法を指導した。アクリル絵の具を、筆や手でキャンパスへ投げつける。キャンパスという枠にはまらない、さまざまな色が踊る作品には、全国の美術館から「展示したい」と声がかかるようになった。これまでに300点を製作。新潟県新潟県立近代美術館には、6点の作品が収蔵されている。
 これらの実績が認められ、今回の「銀座で個展」が実現した。桂子さんは「絵を描く人にとって銀座は特別の場所。障害があっても、没頭できる世界を見つけられた龍太郎の人生を伝えられれば」と、ニコニコ微笑む龍太郎さんの隣で言った。
 30点を展示する個展は21日まで、銀座アートギャラリー(東京都中央区銀座8の9の16)で。入場無料。【永山悦子】

(毎日新聞) - 5月8日17時15分更新

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終身刑

「06.05.09.pdf」をダウンロード  上毛新聞

  罪を憎んで人を憎まず

  私にはできそうにありません

  無期懲役 ・・・ いつか 出所するンです

  アメリカの裁判ではないが 懲役100年とか

  死ぬまで 娑婆に出さない! 必要だと思う

  死刑よりも ある意味 重たい刑かもしれませン

  署名に協力しようと思います

  メールを出してみます

| | コメント (1) | トラックバック (0)